レミエ音楽院:ピアノ・オーボエ・トランペット・サックス・フルート・ソルフェージュ・声楽・ボイストレーニング・楽典などの個人レッスン
研究・教育活動

研究活動

 短期間で楽器演奏法や音楽理論(ソルフェージュ・楽典)の力を同時に身につけられるように,レミエ音楽院では音楽教育・指導法についての研究活動も行っています。

 レミエ音楽院における導入期の学習者に対する指導から大学におけるスペシャリスト養成まで,広範囲にわたる音楽教育の現場で教育法・指導法を研究・開発しています。また,各種学会や研究会にも積極的に参加し,最新の演奏技法や音楽理論についての情報収集を行い,常に最先端の指導を行っています。

 これまでに,導入期の学習者のための革新的な教育方法を開発し,これらを”レミエメソード”と呼ぶことを提案してきました。レミエメソードは,演奏のレッスンにソルフェージュを取り入れたこと,および当音楽院で開発したオリジナル教材(リズムカード,音符表,鍵盤−五線紙対応図など)を使うことが特徴です。

 このような教材は,いろいろなものが市販され,他の教室でも使用されていると思います。レミエ音楽院では,独自に開発した教材を30年間にわたってレッスンの現場で活用し,改良を重ねてきました。当音楽院で開発した教材には,

     
  1. 聴覚だけでなく感覚と視覚も活用し,3つの知覚で理解できる
  2.  
  3. 繰り返し学習により確実に身につく
  4.  
  5. リズムと音程を総合的に理解できる
  6.  
  7. 短時間で1つの課題が終わるので飽きにくい
  8.  
  9. ゲーム感覚で取り組める(楽しく,飽きにくい)

という特徴があり,一般的な教則本や教材と併用することで,導入期の学習者のレッスンだけでなくスペシャリスト養成にも多大な効果を挙げています。

 これまで開発してきた“レミエメソード”については論文等で積極的に成果を公開していますので,他の教室でもこの指導法の全部あるいは一部を採用されているところもあります。

 なお,当音楽院の研究活動の一部は公的研究助成の援助を受けて行っています。

音楽研究業績(原著論文)

  1. 黒田美絵,"導入期(5〜7歳)におけるピアノ演奏指導のための教材開発:リズム指導用教材の開発と活用事例",広島文化学園大学学芸学部紀要, 2, 123–129 (2012).
  2. 黒田美絵,"導入期(5〜7歳)におけるピアノ演奏指導のための教材開発 : 鍵盤対応カードの開発と活用事例",広島文化学園大学学芸学部紀要, 4, 45–51 (2014).
  3. 黒田美絵,"ポルトガルの民族音楽「ファド」",広島文化学園大学学芸学部紀要, 5, 41–48 (2015).

公的研究助成の獲得実績

  1. 日本学術振興会 科学研究費補助金(奨励研究),研究代表者:黒田美絵,研究課題名:「導入期の学習者のための音楽教育教材の開発と活用方法の検討」,交付年度:2012年度.

レミエ音楽院外部における音楽教育活動

  1. 黒田美絵:広島文化学園大学講師,2004年度〜現在,担当科目:ソルフェージュI,II,III,IV